トップ

  1. トップ>
  2. 胃カメラ検査

胃カメラ検査

しばじクリニックの胃カメラの特徴

麻酔で眠っている間にできる無痛の胃カメラ

当院の胃カメラ検査では静脈麻酔を行い、眠っている間に終了します。
とにかく楽に検査を受けたい方にお勧めです。静脈麻酔を使用しますので、検査終了後はクリニックで少し休んでからお帰りいただきます。

麻酔下の場合、癌の早期発見、診断に有用で、最新の光学ズームスコープを使用して検査をします。

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

当院では、鼻から入れる比較的楽な経鼻内視鏡検査を行っています。 鼻から通す細径スコープによる内視鏡検査は、口からの内視鏡挿入時に起こりやすい「オエッ」とくる嘔吐反応が少ないため、苦痛が少なく内視鏡検査を受けていただくことができます。

チェックリスト

  • 上腹部痛がある
  • 胃もたれがある
  • 吐き気や胸焼けがある
  • 胃潰瘍やポリープを指摘されたことがある
  • のどや胸に不快感がある
  • 検査で陽性や、かつてピロリ菌がいたことがある
  • のみこみにくい症状がある
  • ゲップが多い
  • 原因不明な体重減少 など

検査の流れ

検査前(診察~)

お電話またはメールでの事前予約が可能です。ご都合の良い日時をご予約いただきますと、診察から検査まで1日でスムーズに行うことが出来ます。

検査のご予約

検査前の問診風景

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方はお薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

検査当日

前日は夜10時までに消化の良いものを中心に食事をお済ませください。

朝の検査の場合
  • ・朝食は絶食にしてください。
  • ・水分(水・お茶・スポーツ飲料など)は 検査2時間前までは摂っていただいても結構です。その後のどが渇きましたら、検査までの間にごく少量の水であればお摂りいただいても結構です。
昼からの検査の場合
  • ・検査の6時間前までに消化の良い食事をお済ませください。
  • ・水分は検査2時間前まで、その後は水であればごく少量お摂りいただいても結構です。

来院後

口からの胃カメラ検査の場合
(静脈麻酔下睡眠時)

1.前処置

静脈麻酔の点滴

胃をきれいにする薬を飲んでいただきます。静脈麻酔の点滴を行って眠っていただきます。

2.検査

胃カメラによる口からの内視鏡検査の様子

口から内視鏡を入れて検査を行い、気づけば検査が終わっています。

3.検査終了後

ソファーで安静にする様子

検査終了後は鎮静剤の影響が落ち着くまで、15分~30分程お休みいただきます。
お車でお越しの方は60分休んでいただきます。

4.検査結果の説明

検査結果の説明風景

検査の結果について、モニターを見ながら医師からご説明いたします。
使う静脈麻酔の種類により、運転は控えていただくこともあります。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

鼻からの胃カメラ検査の場合
(経鼻内視鏡検査)

1.前処置

胃の洗浄薬を飲む様子

胃をきれいにする薬を飲んでいただき、鼻腔内を広げる処置を行った後、鼻腔に局所麻酔を注入します。
麻酔薬を塗ったチューブを鼻腔に挿入して、鼻腔の局所麻酔を行います。
何れも局所麻酔ですので眠くならず、内視鏡の通りがよくなるので痛みが抑えられます。

2.検査

胃カメラによる鼻からの胃カメラ検査の様子

鼻から内視鏡を入れて検査を行い、検査の様子をモニターでご覧いただけます。

3.検査結果の説明

検査結果の説明風景

検査の結果について、モニターを見ながら医師からご説明いたします。

検査費用

保険適用で3割負担の方は、内視鏡検査のみの場合は合計約6,000円~7,500円くらい、内視鏡検査に加えて細胞検査を行った場合は合計約11,000円~12,500円くらいの費用となります。
※ 検査の結果により、お薬を処方させていただく場合もあります。その場合は別途お薬代がかかります。

初診料、内視鏡検査に必要な薬剤 約2,000円 ~ 3,500円
内視鏡検査 約4,000円
細胞検査 約5,000円

胃カメラ検査 Q&A

内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ

公式サイトへ公式サイトへ

しばじクリニック ブログしばじクリニック ブログ

DDまっぷ

検査予約
お問合せ

075-661-3400

検査予約フォーム

ページの先頭に戻る