トップ

  1. トップ>
  2. 大腸カメラ検査

大腸カメラ検査

当院の大腸検査の特徴

静脈麻酔下、CO2送気の苦痛の少ない大腸カメラ

当院では大腸カメラ検査の際、鎮静剤による静脈麻酔を行っています。そのため検査中は眠ってしまうことが多く苦痛を最小限にし、検査を受けていただけます。
また、検査後のお腹の張りを軽減するために、内視鏡検査時は一般的に使用されている空気ではなく、腸管内への吸収が早い炭酸ガスによる送気システムを採用し、苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。

日帰り手術

これまでポリープ切除には、2泊もしくは1泊の入院が必要でした。ポリープを切除した当日または翌日に偶発症が出現しやすいので、緊急時に備えて体制を整えておく必要があったからです。
しかし、最近では患者さんの負担を軽くするために、しかも内視鏡手術の熟練度が向上したため、安全な日帰り手術を受けていただけるようになりました。

下剤を内服しない前処置

大腸検査の際の大量の下剤を苦手とする方は多いです。当クリニックでは、下剤の内服が出来ない方のために、胃カメラ下に下剤を注入して負担を軽減します。

大腸がんセルフチェック

便潜血検査で陽性を指摘されたり、以下の項目にあてはまる方は、大腸がんのリスクが高いです。早期に大腸カメラによる内視鏡検査を受けましょう。

排便や腹部の異常について

  • 便に血が混じることがある
  • 便秘と下痢を繰り返している
  • 便が細くなった
  • お腹が張った感じがある
  • お腹に痛みやしこりを感じる
  • 残便感がある
  • 排便時に異常を感じることがある
  • 肛門から出血をすることがある
  • 激しい腹痛に加えて嘔吐の経験がある
  • 腹部に違和感が続いている

遺伝性について

  • 家族・親類にがんの病歴をもった人がいる

体重や貧血などについて

  • 原因不明で体重が減少してきている
  • 最近貧血気味である
  • 腰痛が最近強くなってきている

検査の流れ

検査前(診察~)

検査前の問診風景

まずは診察にお越しください。 診察のうえ、検査の説明・予約を行います。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方はお薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

前日に検査食の必要はありませんが、食物繊維の強いものはお控えください。
前日の就寝前に下剤を内服していただきます。

検査当日

下剤を約1~2リットル内服して注入いただきます。

1.前処置

  • ・朝食は食べないでください。
  • ・水分は飲んでいただいて結構です。
  • ・高血圧や心臓の薬は内服ください。
  • ・糖尿病の薬やインスリンは内服しないでください。

2.検査(約10~15分)

大腸カメラによる内視鏡検査の様子

腸の洗浄が完了したら検査にお入りいただきます。
全身状態を確認した後、医師が鎮静剤を注射し、半分眠ったような状態で検査を行います。
内視鏡を挿入し、大腸全体を観察します。

検査時間は通常10~15分で終わりますが、ポリープ切除を行った場合は、もう少し時間がかかることがあります。

3.検査終了後

ソファーで安静にする様子

検査終了後は鎮静剤の影響が落ち着くまで、15分~30分お休みいただきます。
全身状態を確認した後、着替えていただきます。

4.検査結果の説明

検査結果の説明風景

検査の結果について、モニターを見ながら医師からご説明いたします。
ポリープ切除を行った場合や組織の一部を採取した場合などは、検査後の日常生活にも注意事項がありますので、併せてご説明いたします。また、注意事項についての説明用紙もお渡しします。

なお、組織の一部やポリープを採取した場合の検査結果は約2週間後に出ますので、検査結果の説明は後日になります。

検査費用

保険適用で3割負担の方は、約5,000円~6,000円くらいです。
ポリープの切除は20,000円~30,000円程かかります。
大腸ポリープを切除すると、生命保険の還付金が下りる場合があります。ご契約の保険会社にご確認ください。

大腸カメラ検査 Q&A

内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ

公式サイトへ公式サイトへ

しばじクリニック ブログしばじクリニック ブログ

DDまっぷ

検査予約
お問合せ

075-661-3400

検査予約フォーム

ページの先頭に戻る