トップ

  1. トップ>
  2. 大腸CT検査>
  3. 大腸CT検査についてよくある質問

大腸CT検査についてよくある質問

Q1. 大腸CTはどんなことをするのですか?
A1. 大腸CTは、お尻に挿入した細い管から炭酸ガスを注入し、CT撮影を行い、そのデータをもとに大腸の3次元画像を作成する検査です。仰向きとうつ伏せのそれぞれの体位でCT撮影を行います。
Q2. 大腸カメラと比較して良いところ・悪いところを教えてください。
A2. 大腸CT検査の良いところは
  • ・検査時間が短く、苦痛が少ない
  • ・大腸の癒着などの内視鏡挿入が困難な場合も検査が行なえる
  • ・大腸穿孔や出血などの合併症が起こることがほとんどない
  • ・他の臓器の情報もわかる
  • ・あらゆる方向からの観察が可能で、大腸カメラでは見えにくい襞の裏側でも観察できる
一方、悪いところとしては
  • ・平坦な腫瘍や5mm以下の小さなポリープなどの病変が検出しにくい
  • ・病変を見つけても組織検査や検査時の治療ができず、後日カメラを受けていただく必要がある
  • ・前処置がうまくできていない場合には、正確な検査が困難
などがあげられます。
Q3. 大腸CTは保険で受けることができますか?
A3. 保険適応については『他の検査で大腸悪性腫瘍が疑われる患者に対して、大腸CT撮影を行った場合に算定する』とされておりますので、便潜血検査などの検査結果が陽性で精密検査が必要な場合、保険適応となります。
Q4. 便潜血検査陽性で精密検査を受けるようにいわれています。
でもカメラは痛いと聞きました。大腸CTは痛くないのですか?
A4. 大腸CTでは痛みはほとんどありません。炭酸ガスを注入して検査を行いますので、お腹が張ります。しかし、検査が終了して数分もすると張りもおさまり、楽になっていただけます。
Q5. 大腸CT検査の前にやはり大量の下剤を飲むのですか?
A5. 大腸CT検査には前処置が必要となります。前日より検査食を食べていただき、前日夜と当日朝に下剤を内服していただきます。大腸カメラのように多量の下剤を飲むことはありません。
Q6. 予約はどのように行えばよいですか?
A6. 検査前に一度来院してください。検査食や下剤をお渡しの上、検査日を予約させていただきます。検診目的で事前の来院が困難な場合は、ご連絡ください。相談させていただきます。
Q7. 結果はいつわかりますか?
A7. 約1週間で結果は出ます。
Q8. 被ばくは?
A8. 大腸CTは通常のCTより線量を落として撮影するため、被ばく量は注腸検査よりも少なくなっています。

内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ

公式サイトへ公式サイトへ

しばじクリニック ブログしばじクリニック ブログ

DDまっぷ

検査予約
お問合せ

075-661-3400

検査予約フォーム

ページの先頭に戻る