トップ

  1. トップ>
  2. 新型コロナウイルス感染予防

新型コロナウイルス感染予防

当院の「新型コロナウイルス感染予防」について

01. ご来院される患者様へのご協力の遂行


院内にアルコール洗浄液などを設置しておりますので、必ず手指の消毒をしてください。また、体温測定もお願いいたします。待合室ではマスクを着用し、大きな声での会話はお控えください。

02. 医師・スタッフ感染予防の徹底


医師・スタッフ全員が、手洗い、アルコールなどによる消毒、マスク着用、毎日の検温、健康確認などを欠かさず行い、感染予防を徹底し診療を行います。

03. 診察室・治療・検査機器、院内設備の定期的なエタノール消毒


診察室の診療毎の除菌はもちろんのこと、各検査機器、治療機器においても、使用後は、除菌対応を行っております。

04. 院内設備の除菌、雑誌など一時撤去


以下の不特定多数の方が接触する箇所は、室内清掃時だけでなく、定期的に消毒液による除菌を行っています。また、パーテーションも設置しております。
※待合室、ドアノブ、手すり、椅子、トイレなど。

05. 窓・扉の開放、空気清浄機などによる換気・ジアイーノやサーキュレーターの使用


窓や扉を定期的に開放するなど空気をとどまらせないよう院内の換気を行っています。また、窓がない・窓を開放できない室内は、ウイルスの不活性化を行うため空気清浄機・除湿機などを稼働させ感染予防に取り組んでいます。飛沫感染の防止策としてジアイーノやサーキュレーターも使用し、空気を循環させ、壁、床、建具まで付着ウイルスへの対策を行っております。

06. 予約システムやWeb問診の導入


予約システムやWeb問診を導入し、事前に問診をWEB上でご記入いただくことにより予約時間より早く行く必要がなくなり院内での待ち時間の短縮につながります。また、受付にて紙の問診票の受け渡しなどによる接触感染リスクを減らすことができます。

07. 自動精算機による感染防止について


お会計時の自動動精算機を導入しており、会計時の不要な接触を避けることが出来ます。また、クレジットカードやpay payでの会計も可能となりましたのでご利用ください。
会計時間の短縮や飛沫感染対策や接触感染対策に努めております。

08. Care222の導入


トイレの使用で新型コロナウイルス感染症に感染する可能性があると言われております。そのため当院ではトイレからの新型コロナウイルス感染対策として「ウシオ電機 Care222」を導入いたしました。

● Care222とは
新型コロナウイルスを不活性化させる効果のある「人体への影響が少ない特定の波長の紫外線を照射」する機器です。
※当院では、人がいない間に照射をしていますので、より安全にお使いいただけます。
「Care222」について詳しくはこちら >>

09. 医療用としては京都府初のFree-100Mを導入


胃カメラ・大腸検査時の新型コロナウイルス感染症対策としてフォレストワン社Free-100Mを導入しました。
医療用としては京都府で初の導入です!

● Free-100Mとは
患者様の体内から飛散する体液等を強力に吸引することができる機器です。これにより、飛沫感染やエアロゾル感染に対する予防を行うことができます。
「Free-100M」について詳しくはこちら >>

内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ内視鏡検査をご紹介いただける医療関係機関の方へ

公式サイトへ公式サイトへ

しばじクリニック ブログしばじクリニック ブログ

DDまっぷ

予約
お問合せ

075-661-3400

Web予約(診察・検査)

ページの先頭に戻る